スタッフブログ

先日は、川崎区の1歳6か月児歯科健診を担当してきました。

1回に約60名前後のお子様が健康診査を受診します。

もちろん、初めて歯科医師にお口を見せるお子様がほとんどです。

さて、ここでよく質問されることがあります。

この子、歯が生えるの遅くないですか?

今回は、この質問にお答えしたいと思います。

ただ、あくまでも平均であり、その平均と比べ、早い遅いを表現しているだけですので、良いも悪いもありません。

歯が生えてきて、しっかり食事ができれば問題ありません!!!

 

まず、生後、6〜8か月頃 下の前歯(下顎乳中切歯)が生えてきます。

その後、8〜10か月頃 上の前歯(上顎乳中切歯)が生えてきます。

そして、1歳の頃には、上下の前歯が4本ずつ、計8本(上下顎乳中切歯、乳側切歯)生えていると言われています。

さらに、その次は、生えている歯のすぐ横に生えてくるのではなく、1本分スペースを空けて、奥歯(第一乳臼歯)が生えてきます。

ほとんどのお子様が上の歯から生えてきます。

そして、その空いているスペースに尖った乳犬歯が生えてきます。

1歳6か月では、乳歯が16本生えている場合が多いと言われています。
さらに第一乳臼歯の後ろにもう1本奥歯(第二乳臼歯)が生えてきて、乳歯が全部、生えたことになります。

乳歯は、全部で20本になります。

2歳ころになると20本生えているお子様も増えてきます。

平均的な年齢での、生えている状態を示しましたが、その時期に生えていなければおかしいというものではありません。

とってもゆっくり生えてくるお子様もたくさんいらっしゃいます。

お母様は、とっても心配されますが、歯があればほとんどのお子様が生えてきますし、

お母様が心配されたとしても、何も変化はありません。

あまりにも心配でしたら、行政の健診や地域の歯医者さんに行って、相談されることをお勧めします。

今回は、1歳6か月児健診を担当した行政の歯科医師 戸田先生との写真です。

戸田先生は、大学の後輩でもあり、口腔衛生学教室の助教授まで勤めた素晴らしい先生です。

いつも協力させていただき、感謝です。

image1 のコピー

 

 

川崎区 産業道路駅近く 笑顔が連鎖する歯医者さん

ひやま歯科クリニック

小児歯科専門医の院長でした (^_^)

 

カテゴリー: 歯の豆知識 乳歯 |
患者様の体験レポート
患者様の体験レポート
院長ブログ
スタッフブログ
メール相談室

2017年10月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
一般歯科 小児歯科 夜だけの矯正

お口の総合検査歯科ドッグ

予約について