スタッフブログ

愛娘から学ぶこと 2

2015年12月9日 (水) 23:56

川崎市川崎区にある歯医者 ひやま歯科クリニック 歯科医師の檜山です。

今回は、愛娘から学んだことを書きますね。

先日、2歳の娘が高熱を出しました。

いつもの風邪かな?と思い、あまり気にしていなかったのですが、40度近い高熱が出て、また食欲も元気もなくなってきたので、病院小児科に連れて行ってもらいました。

その前日には、目やにが多く出て、目も腫れているので眼科につれていきました。

眼科での診断は、ものもらいとのことで、抗生物質と抗炎症作用のある点眼薬を処方されました。

すると病院小児科でいわれたことは、プール熱(咽頭結膜炎)とのこと。

プール熱????

聞いたことはありましたが、一体、どんな病気かと?

調べてみました。

原因は、アデノウイルス。

処置は、それぞれの症状に対する対症療法が中心になると書いてありました。

ウイルスですので、抗生物質は効きません。

学校保健法では、第二種伝染病に位置づけられており、登校基準については、症状がなくなった後、2日を経過するまでは出席停止となります。

私自身がプール熱に罹患したことがないので、知りませんでしたが、お口のプロとしてもっと口腔内を観察しておけば良かったと反省しています。

 

IMG_2756

 

これは、病院小児科でいただいた紙です。

お口にいろいろと症状がでてくるウイルス疾患は、たくさんあります。

早めに気づけるよう、さらに観察していこうと考えました。

 

川崎区産業道路駅近く 笑顔が連鎖する歯医者さん

ひやま歯科クリニック

小児歯科専門医の檜山でした。

カテゴリー: 愛娘から学ぶこと |

愛娘から学ぶこと :1

2015年9月21日 (月) 04:22

川崎市川崎区の歯医者さん ひやま歯科クリニック 歯科医師の檜山です。

 

みなさん、食事をするときにどんな体勢で食事をしているでしょうか?

よく外食でお子さんが食事をしているのを見る事があります。

そんなときに見ていただきたい点があります。

それは、足の状態です。

成人になってから、足をプランプランしながら食事をすることってありますか?
もしかしらた、バーなどの椅子が高くて、足が地べたに着かないことがあるかもしれません。

でも、そんな特殊な環境ではないかぎり、きっと足は地べたについていると思います。

では、そんな足のつかない特殊な環境をやってみてください。

 

そうです。

なかなか食事しにくいのではないでしょうか?

 

でも、お子さんの場合、足がプラプラしながら食事をしているケースってありませんか?

ご自宅で椅子に座りながら、足が踏み台についていない。

この状態で食事をすると、姿勢が悪くなります。

 

先日、私の家でも娘の椅子を変えました。

なぜなら、踏み台を一番上に設定しても、足がしっかり踏み台につかないからです。

 

以前の椅子です。

IMG_1888

 

このタイプから

今の椅子に換えました。

IMG_2404

 

しっかり、足がついていますね!

 

 

姿勢悪く飲み込むのと、姿勢良く飲み込むのでは、やはり、良い方が飲み込むのに有利です。

ぜひ、皆様、お子さんの椅子チェックしてみてくださいね。

 

 

 

産業道路駅近く 笑顔の連鎖する歯医者さん

ひやま歯科クリニック

小児歯科専門医の院長でした。

カテゴリー: 愛娘から学ぶこと |
患者様の体験レポート
患者様の体験レポート
院長ブログ
スタッフブログ
メール相談室

2017年8月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
一般歯科 小児歯科 夜だけの矯正

お口の総合検査歯科ドッグ

予約について