スタッフブログ

夫婦経営

2015年4月20日 (月) 08:11

4月19日(日)に、お茶の水にて夫婦経営セミナーが開催され、参加してきました。

参加者のほとんどが夫婦での参加という珍しいセミナーです。

私たち夫婦も二人だけの時は、よく一緒にセミナーに参加して学びを深めていました。

一緒の学びをするから、より深い理解や即実践ができとても良かったと感じています。

第一子誕生後は、一緒にセミナーに参加する機会は減りました。

今回は、託児が隣のセミナールームにあったので、久しぶりに夫婦で参加してきました。

セミナーでは、たくさんの情報をいただき、本当に勉強になりました。

特に面白いのが、

セミナー冒頭の部分の『お願い』という時間。

このセミナーで離婚しないでください

衝撃的な入りでした。

日本では、一日に約1900組結婚し、約690組離婚するそうです。

数字上では、おおよそ3組に1組は離婚することになります。

でもセミナーに夫婦一緒に参加できること自体、参加夫婦は、仲がいいのではないでしょうか。

やはり、夫婦で一緒に過ごすこと、生活すること、経営すること、全てに共通して言えることは、

『苦しみは半分、喜びは2倍になる』ということではないでしょうか。

そして、一緒にいれることに感謝をすることが大切なのではないでしょうか。

一緒にセミナーに参加できたことだけでも感謝です。

皆様も是非、喜びを二倍に!!

image2 のコピー 3

 

川崎区産業道路駅近く 笑顔が連鎖する歯医者さん

ひやま歯科クリニック

小児歯科専門医の檜山でした

 

 

カテゴリー: 未分類 |

学校歯科医基礎研修

2015年4月6日 (月) 00:38

4月2日(木曜日)に、中原歯科保健センターにて、

学校歯科医基礎研修を受講してきました。

以前のブログでも書きましたが、今年から四谷小学校の学校歯科医師をやらせていただくことになりました。

そのため、この研修を受講してきました。

 

『学校歯科保健の概念を把握する』

『学校歯科保健における保健教育を理解する』

『学校歯科保健に置ける保健管理を理解する』

『学校歯科保健における組織活動を理解する』

まずは、この4つのテーマで講義をしてきただきました。

その後、学校検診での齲蝕症の診断基準、不正咬合の基準など、このように決まっているんだ〜と改めて勉強になりました。

そして、学校歯科医だからこそ、ネグレクトの早期発見も可能であるとのことでした。

学校歯科医師として、いろいろな取り組みをされている先生がいらっしゃいました。

四谷小学校の児童、先生方により貢献できるように、していきます。

image1 のコピー 4

 

川崎区 産業道路駅近く 笑顔の連鎖する歯医者さん

ひやま歯科クリニック

小児歯科専門医の院長でした。

カテゴリー: 未分類 |

歯のまめ知識 2:歯の名称

2015年4月4日 (土) 23:02

今回は、歯の名称について書きたいと思います。

乳歯は、全部で20本あります。

まずは、上顎と下顎に分けられ、そして、左右に分けることができます。

前方から、乳中切歯、乳側切歯、乳犬歯、第一乳臼歯、第二乳臼歯という名称があります。

ですから、左下一番奥の歯の名称は、下顎左側第二乳臼歯となります。

永久歯は、全部で32本(親知らずを含めて)あります。

こちらも前方から、中切歯、側切歯、犬歯、第一小臼歯、第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯、第三大臼歯となります。

第一大臼歯は、6歳臼歯とも呼ばれ、第二大臼歯は、12歳臼歯とも呼ばれています。

そして、第三大臼歯は、親知らずとも呼ばれます。

歯には、それぞれ名称があります。

ただ、私たち、歯の番号でよぶことも多いです。

中切歯を1番、側切歯を2番、犬歯を3番、第一小臼歯を4番、第二小臼歯を5番、第一大臼歯を6番、第二大臼歯を7番、第三大臼歯を8番と呼ぶ事もあります。

乳歯は、前方からA 、B、C、 D、 Eとも呼びます。

診療室で、右下Cということばが聞こえたら、下顎右側乳犬歯ということになります。

是非、診療室での会話を聞いてみててください。

 

川崎区 産業道路駅近く 笑顔が連鎖する歯医者さん

ひやま歯科クリニック

小児歯科専門医の院長でした。

 

カテゴリー: 歯の豆知識 |

四谷小学校 学校医

2015年4月1日 (水) 01:31

平成27年4月1日付けで、川崎市立四谷小学校の学校歯科医になりました。

いままで、大師保育園の園医として保育園で歯科検診を行ってきました。

今年から、小学校の歯科検診も担当させていただけることになりました。

まずは、今月23日に最初の歯科検診を行います。

大師保育園を卒園し、何人かは、四谷小学校に入学すると思います。

すると、私は保育園から小学校まで、そのお子様の歯科検診を担当できることになります。

データとして、残っていれば、いつ歯科医院に受診し、虫歯治療を行ったのかが、おおよそわかるようになります。

前任の先生は、3日間をかけて全校生徒の歯科検診を行っていたと聞きました。

しかし、私は今回2日間の予定で6学年を検診させていただくつもりです。

早期発見、早期治療、そして予防へと、時代の流れは変わってきています。

時代の流れが変わっても、私が虫歯をなくしたいという気持ちには変化はありません。

ぜひ、保育園→小学校→歯医者さんというような、縦断的に予防ができることがいいことですね。

地域により密着し、貢献できる歯医者になります。

いつもありがとうございます!

 image5

 

 

川崎区 産業道路駅近く 笑顔の連鎖する歯医者さん

ひやま歯科クリニック

小児歯科専門医の院長でした。

 

 

カテゴリー: 未分類 |
患者様の体験レポート
患者様の体験レポート
院長ブログ
スタッフブログ
メール相談室

2015年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
一般歯科 小児歯科 夜だけの矯正

お口の総合検査歯科ドッグ

予約について