ひやま歯科ブログ blog

鹿児島(知覧)研修 part3

鹿児島研修旅行2日目。
前回は、パワースポットである霧島神宮のお話でした。
その日の午後から、南九州の知覧町へde_05_0003_2.gif車を走らせました。
霧島市から約2時間半くらいで到着!
そこでは、同じ歯科関係の方を中心に(共に知覧特攻隊について
学ぼう)という同志たちde_08_0079_p.gifが集結。
まずは、知覧特攻記念館へ行きました。

空白
正直、私は『戦争』というと、第二次世界大戦の被害が大きかった
広島と長崎のことしか知りませんでした。
この研修に来るまでにこの知覧という地のこと、また大東亜戦争
(太平洋戦争)の沖縄戦のことを知るために2本の映画を観て
いました。
『僕は君のためにこそ死ににいく』
『男たちの大和』
どちらも当時、日本がアメリカ軍に沖縄を捕られまいとして闘った
特攻部隊についてのお話でした。
とくに、石原慎太郎氏監督の『僕は..』の方は人類史上類のない
爆装した飛行機もろとも敵艦に体当たりした陸軍特攻隊員のお話で
まさに、この知覧が舞台となった映画でした。
空白
記念館の中は、戦闘機の実物が展示してあったり、当時の軍服や
写真、遺品、なにより隊員の遺書(絶筆)がズラッとガラスケースに
展示されていて驚きましたde_02_0014_3.gif
これは外に展示してあった戦闘機です。

時間がde_05_0049.gif限られていたので、足早に展示を見ましたがやはり、絶筆
(遺書)のところでたくさんの文面を読んでいるうちに、ほんの68年
前に当時17や18〜20代の若者が「明日、自分は特攻隊兵として命を
捧げる覚悟で記した手紙」を読んで今の自分の状況とまったく違うことに
とまどいを覚えながらも、なんとも言えない苦しい気持ちになりましたdes_07_04_018_m.gif
空白
何通も読んだ中で一番心に残ったのは久野正信中佐が3歳と5歳の子供に
残した手紙でした。
その文面は、全部がカタカナで書かれておりました。
なぜカタカナで書いたかという理由を読んでグッdes_02_02_009_m.gifときました。
小学校に入学すると、当時はまずカタカナを習ったそうです。
父親として、少しでも早く子供達がこの手紙を読んで欲しい…
そんな願いが文面からとても伝わってきました。
空白
印象に残った文面を抜粋します。
『オオキクナッタラ、ジブンノスキナミチニススミナサイ』
『ヒトノオトウサンヲ、ケッシテウラヤンデハイケマセンヨ』
『オカアサンノシゴトヲ、テツダイナサイ』
空白
涙が溢れました。
とても貴重な資料を拝見し、今がいかに平和か…
平和の大切さ、ありがたさ、命の尊さを感じました。

空白
次回は、その後の足取りをお伝えいたします。
空白
川崎大師近く 子供も大人も笑顔おふれる ひやま歯科クリニック
歯科衛生士:ホワイトニングコーディネーターのひやまでした







お問い合わせ CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!

044-299-2330
診療
時間
診療時間 9:30~13:00 14:30~19:00
受付時間 9:30~12:00 14:30~18:00
休診日:土曜午後・日曜・祝祭日

アクセス・診療時間 Access

ひやま歯科クリニック
〒210-0813
神奈川県川崎市川崎区昭和2-9-7
フォルゴーレ川崎

9:30 - 13:00
14:30 - 19:00

※受付は診療終了の1時間前まで 
※土曜日は午前の部のみの診療

GoogleMAPで見る