ひやま歯科ブログ blog

こどもはみんなアンパンマンが好き?

川崎市川崎区の歯医者さん「ひやま歯科クリニック」のひやまです。

先日、土曜の午後診療後に、娘を連れて、横浜アンパンマンミュージアムに

行ってきました。

an3an1

空白

ここはいつ行ってもいっぱいのお客様でにぎわっております。

an4

さてさて、それはなぜでしょう?

おもちゃメーカーバンダイが行った子どもたちに人気のキャラクター1位は「アンパンマン」が選ばれました。
このことから2002年に開始されたこのアンケートで、13年連続1位という快挙をあげています。
おもに1歳時~3歳児の人気が高いとのことから、票が伸びているそうです。

3歳児はともかく、まだストーリーが完全に理解できないであろう1歳~2歳児に何故人気があるのでしょうか?
気になって調べた結果、どうやらアンパンマンには子供に好かれる3つの秘密が隠されているようです。

秘密①
~アンパンマンの彩色~

アンパンマンは鼻やほっぺた、服が赤色、手足やベルトに黄色と、

原色が多用されており、はっきりした色合いなので、

子供が認識しやすいそうです。

秘密②
~アンパンマンの体の形~

最初に形を認識するため、脳が発達するのは「丸」を認知する能力だそうです。

顔の輪郭、目、鼻、ほっぺた、どれをとっても、を基本とした顔で、

子供になじみやすい顔に表現されています。

アンパンマンの体型が、初期作品の8頭身から3頭身へと変わっていったのも、

丸みを帯びた体系の方が子供に認識されやすいためだそうです。

 

秘密③
~アンパンマンの名前~

乳児は、生後4ヶ月くらいから「あー」などの喃語を発し、離乳食が始まり、

かむことにより口や唇が鍛えられると「ばー」など子音が出始めるようになります。

次第に「ママのま」や「パパのぱ」など、唇を合わせて出す音がより明瞭に出せるようになり、

ママ」「パパ」「わんわん」など反復音も上達していきます。

4ヶ月前後ではじめる喃語や、10ヶ月前後で話せるようになる反復音のなかに

アンパンマン」を構成する音韻が含まれており、乳児がとても発音しやすい言葉になっています。

空白

色、形、名前、どれをとっても、子供にとても認識されやすいキャラクターとなっていて、こうやってまとめてみると実は子供に好かれるように計算しつくされたものだったのですね。

空白

たしかに、うちの娘はまだアンパンマンをTVで見せてもいないのに、

1歳頃から「アンパンマン」と言うようになってきました。

初めて1歳半でアンパンマンミュージアムに行った時は、大興奮で人形に抱きついていました。

空白

『これは、すごい!』

と感心したものです。

空白

私が不思議に思うのは、このキャラクターの中で唯一、

バイキンマンだけが、歯が見えていることです。

image

他のキャラクターは、歯が描かれていません。

an2また、この謎に迫ってみたいと思います。

空白

川崎大師近く 子供も大人も笑顔あふれる

ひやま歯科クリニック

歯科衛生士のひやまでした。

 

お問い合わせ CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!

044-299-2330
診療
時間
診療時間 9:30~13:00 14:30~19:00
受付時間 9:30~12:00 14:30~18:00
休診日:土曜午後・日曜・祝祭日

アクセス・診療時間 Access

ひやま歯科クリニック
〒210-0813
神奈川県川崎市川崎区昭和2-9-7
フォルゴーレ川崎

9:30 - 13:00
14:30 - 19:00

※受付は診療終了の1時間前まで 
※土曜日は午前の部のみの診療

GoogleMAPで見る