ひやま歯科ブログ blog

赤ちゃんのお口の中

歯科衛生士のひやまです。

突然ですが、赤ちゃん(新生児)のお口の中って

どうなっているかご存知ですか

今、育児真っ最中なので毎日、娘の顏をまじまじと

見ていて、ふと口の中を見てみると…

「あ〜、学校で勉強したとおりだ〜」と感心したので

シェアします。

これは生後約3週間の赤ちゃんのお口の中

この上顎の真ん中のくぼみがとっても重要な役割を

してくれます


空白

☆赤ちゃんのお口の中も成長しています

赤ちゃんにとっての大切な栄養源はママのおっぱいやミルク

この時期、固形の食べ物は口にしませんが、

お口の中は食べ物を食べるための準備が始まっています。

空白

☆反射でママのおっぱいに吸いつく

生まれてまもない赤ちゃんがおっぱいや哺乳ビン

吸いつく行為は吸啜といい、赤ちゃんに生まれつき

備わった原始反射です

よく見ると唇や顎の動きはあまりみられませんが、

お口の中では活発に舌が動き、おっぱいやミルク

一生懸命飲んでいます

上の写真のくぼみはお母さんの乳首をとらえるための

大事な場所なんですね

ちなみにこれが、生後4ヶ月の上顎です。
生後3週間の写真より顎(噛む場所)が発達したのがよくわかります

この吸啜反射は成長と共に弱まっていき、生後約6ヶ月で消失します

空白

☆スプーンで食べることが可能に

吸啜反射が消失すると、舌の活発な動きもおさまり

スプーンで食べることが可能になってきます

初めての乳歯である下の前歯(乳切歯)が顔を

出し始めるのもこの頃です。

上下の前歯である乳切歯が生え揃う生後8・9ヶ月頃

になると唇と舌と別々に動かせるようになり、

舌で食べ物を押しつぶせるようになっていきます。

くうh空白
お口の発達には、おっぱいやミルクをしっかり吸う

ことがとても大切です。

また、赤ちゃんは舐める・噛むという行為を通し、

さまざまな物をお口で確かめていきます。

お口を動かすことは、食べることをはじめ、

体や脳の発達にも重要な役割を担っているのです。

空白

成人になっても、匂いを嗅いだり、物を舐める、噛むという

行為は上記のように身体の発達、また精神的にも重要な

役割があると考えます。

だから、自分の歯で一生過ごす事が、今後の人生を大きく

左右するのです

歯って大事なんですね〜
空白

衛生士学校時代に、小児歯科で勉強したこれらのことを

改めて見直す良い機会となりました

人間の身体は神秘でいっぱいですね〜

これからも娘の成長を興味深く見守って行きたいと思います。

空白

川崎大師近く 大人も子供も笑顔あふれる ひやま歯科クリニック

歯科衛生士:ホワイトニングコーディネーターのひやまでした





お問い合わせ CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!

044-299-2330
診療
時間
診療時間 9:30~13:00 14:30~19:00
受付時間 9:30~12:00 14:30~18:00
休診日:土曜午後・日曜・祝祭日

アクセス・診療時間 Access

ひやま歯科クリニック
〒210-0813
神奈川県川崎市川崎区昭和2-9-7
フォルゴーレ川崎

9:30 - 13:00
14:30 - 19:00

※受付は診療終了の1時間前まで 
※土曜日は午前の部のみの診療

GoogleMAPで見る