ひやま歯科ブログ blog

『コクリコ坂から』

公開初日に行って来ました

『コクリコ坂から』
1963年。オリンピックの前の年の5月、47年前の横浜が舞台。
高校生の海と俊、そしてその両親の親子二世代にわたる青春。
企画の宮崎駿は、
「コクリコ坂から」は、人を恋うる心を初々しく描くものである。少女も少年達も純潔にまっすぐでなければならぬ。異性への憧れと尊敬を失ってはならない。出生の秘密にもたじろがず自分達の力で切りぬけねばならない。それをてらわずに描きたい。」
また
「ふたりはまっすぐに進む。心中もしない、恋もあきらめない。真実を知ろうと、ふたりは自分の脚でたしかめに行く。簡単ではない。そして戦争と戦後の混乱期の中で、ふたりの親達がどう出会い、愛し生きたかを知っていくのだ。昔の船乗り仲間や、特攻隊の戦友達も力になってくれるだろう。彼等は最大の敬意をふたりに払うだろう。」と書かれています。
高校生達の恋愛ものかなと思いきや、それだけではありませんでした。
この時代の大人達にも注目です
内容は観ていただきたいのであまり触れたくないのですが、海と俊の両親、理事長の徳丸さんと航洋丸の船長の小野寺さんは、特に好きです。
純潔にまっすぐなのは、高校生達だけではありません。
こんな大人になりたい!!
そう思った小林でした。
ちなみに1963年、私の両親は高校1年生でした。
団塊の世代と呼ばれる方々にもオススメの作品だと思います。

お問い合わせ CONTACT

ご予約・お問い合わせはこちらからお気軽にどうぞ!

044-299-2330
診療
時間
診療時間 9:30~13:00 14:30~19:00
受付時間 9:30~12:00 14:30~18:00
休診日:土曜午後・日曜・祝祭日

アクセス・診療時間 Access

ひやま歯科クリニック
〒210-0813
神奈川県川崎市川崎区昭和2-9-7
フォルゴーレ川崎

9:30 - 13:00
14:30 - 19:00

※受付は診療終了の1時間前まで 
※土曜日は午前の部のみの診療

GoogleMAPで見る